老後を見据えたライフプラン、マネープランの重要性


老後破産しないためにしっかりしたマネープラン、ライフプランを

日本では以前にも増して、ますます少子高齢化が進んでいます。

少子化の影響で年金の財源を支える若年層の減少もあり、年金だけで老後の生活費を賄っていける世帯はそれほど多くはありません。

多くの世帯では、現役時代に老後の資金として蓄えていた預貯金を切り崩し、生活費を補充しながら生活を送っています。

終身雇用制度が崩壊し、年齢が上がると収入も増えていた時代が終わりを告げた社会では、老後破産に陥ることのないようにしっかりとマネープラン、ライフプランを立てて、老後の資金を貯めておく必要があります。

しかし、たとえ年収が高く老後資金の貯蓄も十分貯めたからといって楽観的になっていると、思わぬ事態を招いてしまう場合もあります。

なぜなら老後破産の原因は、退職後の収支のバランスが崩れてしまうことに起因するからです。

そしてその一番大きな要素となっているのが、マネープラン、ライフプランの見通しの甘さ、言い換えれば計画性のないお金の使い方です。

【老後破産しないために①】計画的にお金を使いましょう

現役を退いてからも以前と変わらぬ出費を続けていますと、いくらお金があっても足りなくなります。

そのため引退後の生活が始まったら、それに合わせて金銭感覚も改める必要があるでしょう。

その事実に気づく事さえできれば、準備次第でリスクを大きく減らす事も可能になります。

【老後破産しないために②】住宅ローンの支払い期間を考えましょう

住宅を購入する際は定年後を見据えて計画を立てる事が必要です。

20代に結婚する人が多かった世代ではマイホームの購入時期も比較的早い傾向にあったため、たとえ35年のローンを組んで購入しても、定年退職を迎える前に返済は終了していました。

しかし晩婚化が進んだ世代では、30代から40代になってからマイホームを購入する人も珍しくはありません。

それから長期ローンを組む事になると定年前にローンの返済を完了することが難しく、年金生活に入ってからも払い続ける事になってしまいます。

これは老後の生活費を大きく圧迫する要因となってしまうので、住宅の購入の際には十分に考慮し、無理のない計画を立てる事が大変重要になってきます。

【老後破産しないために③】高齢になる程、増加する医療費に備えましょう

年齢が高くなると増加する出費の代表的なものとして、医療費が挙げられます。

高齢者にかかる医療費は現役世代よりも優遇されてはいるのですが、医療機関を利用する頻度が高まるため、出費の増大は確実です。

医療費に関しては、入院や手術の際に給付金が出る保険に加入するなどして備えておくと負担を軽減する事ができます。

【老後破産しないために④】予期せぬ事態に対処できる心構えを持ちましょう

退職金も年々減少傾向にあり、また、社会の経済情勢も悪化していることから、予期せぬリストラや減給という事態も起こりえます。

「老後はまだまだ先のこと」と安心せず、若いうちからしっかりとしたマネープラン、ライフプランを立てて準備を進めることで、安定した老後を送る事が可能です。


気軽に相続税対策の第一歩を踏み出しませんか?

相続専門の税理士が、約60分のご面談の中で、相続税概算額の試算を行い、相続税対策の要点をA3版1枚のレポートにまとめてくれる新宿総合会計事務所の「相続税早期対策シート」。



相続税対策の第一歩としてピッタリのサービスです。

ここで重要なのは、「相続専門の税理士」によるサービスであるというところ。

「中立性」と「専門性」がキーワードです。

「中立性」について

FP(ファイナンシャルプランナー)やハウスメーカー、金融機関などが相続税額の試算やアドバイスをしてくれることもありますが、「保険を売りたい」、「賃貸アパートを建ててもらいたい」、「アパートローンを貸し出したい」などという最終目的が存在することに留意する必要があります。

結果的に適切なアドバイスとなっているケースもありますが、中立的な立場からのアドバイスではないのです。

新宿総合会計事務所は、「将来の相続税の申告にお役に立てれば・・・」という淡い期待しか持っていませんので、上記のようなFP(ファイナンシャルプランナー)とは違い、中立的なアドバイスが可能なのです。

サービス提供後のしつこいセールスもありません。

「専門性」について

「インターネットでできる「簡易診断」等もありますが、単なる「相続税の試算」にとどまっているケースが多く、相続税対策のアドバイスまではなかなか踏み込めていません。

また、「確定申告でお世話になっている税理士の先生がいるから、いざとなったらその先生に頼めばいいし・・・」という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、相続税に詳しい「相続専門税理士」はごくひと握りなのです。

既に税理士とお付き合いのある皆さんも「セカンドオピニオン」として活用されてみると良いでしょう。

料金はわずか5,000円(税別)。
各種割引もあります。

「シニアライフよろず相談室」は、入会金・年会費無料で会員登録できます。

老後破産







関連するほかの記事

一般社団法人 シニアライフよろず相談室

一般社団法人 シニアライフよろず相談室

新着記事

人気記事

カテゴリ