固定資産税の納税に係る「相続人代表者指定届」とは


固定資産税とは?

固定資産税とは、毎年1月1日(賦課期日)現在の土地、家屋の所有者に対し、その固定資産の価格をもとに算定される税額をその固定資産の所在する市町村が課税する税金です。
(ただし、東京23区内においては、特例で都が課税をすることになっています。)

登記名義人が死亡した不動産の固定資産税は誰が納める?

今まで、不動産を所有しているため固定資産税を納付していた人が死亡した場合、その納税義務は不動産の承継者が決まるまで法定相続人(民法で決められた相続人)が全員で負うことになります。
遺産分割協議により不動産を相続しない人であっても、遺産分割協議が調うまでの間の固定資産税の納税義務を免れることはできません。
市区町村では、本来その年の1月1日現在の登記簿上の所有者に対して5~6月頃に納税通知書を送付します。役所側では、死亡届の提出により登記名義人が死亡した事実を把握しています。そこで、相続人に対して納税手続きを代表する者を決めるように通知を行うのです。

相続人代表者指定届とは

相続財産の中に不動産がある場合、固定資産税の「相続人代表者指定届」が必要となる場合があります。                                                      
「相続人代表者指定届」とは、亡くなった人に対する納税通知書などの書類を受け取る人(相続人代表者)を指定するための届出書です。
相続人代表者指定届は、原則、相続人代表者の署名・押印と相続人全員が署名の上、提出します。
相続人代表者指定届はあくまで書類送付先を定めるものであり、この届出で相続が確定するものでもなく、また代表になったからといって固定資産税の納税義務を代表者のみが負うこともありません。

代表者指定届を出さないでいると・・・

市区町村では、届出の提出が無かった場合には代表者を暫定的に定めて、その人に通知書を発送します。
誰を代表者と定めるかは、その市区町村により基準が異なりますが、法定相続分の多い人や同じ市内に居住する人を代表者とする場合が多いようです。

故人名の納付書で納められるか?

役所では死亡届により不動産所有者の死亡を確認しますが、既に納付書を発送した後に死亡届が提出される場合には、故人名で納付書が到着します。
また、固定資産税は4期にわたり納付しますので、相続開始時にまだ未納の税金の納付書が被相続人の手許にある場合があります。
通常はこの納付書を使用して、そのまま納付を済ませても問題はありませんが、一度役所へ連絡をして対応方法を確認することをお勧めします。

固定資産税を納めずにいると・・・

相続人代表者へ通知が来ているのに、納税せずにいると役所側は郵便や電話などにより納付の督促を行います。
それでも納付が無い場合は、不動産の差し押さえをしてくることもあります。
差し押さえは基本的に滞納税額の納付が完了するまで取り下げてもらうことはできません。
そのまま滞納を続けると、競売にかけられて不動産を失うこともあります。

まとめ

亡くなられた方が不動産を所有されている場合には、相続人へ固定資産税の納税義務が生じます。

遺産分割協議中だから、また、亡くなられた方宛の納付書だからと言って放置せず、専門家に確認するなど早めに対応することが肝心です。


気軽に相続税対策の第一歩を踏み出しませんか?

相続専門の税理士が、約60分のご面談の中で、相続税概算額の試算を行い、相続税対策の要点をA3版1枚のレポートにまとめてくれる新宿総合会計事務所の「相続税早期対策シート」。



相続税対策の第一歩としてピッタリのサービスです。

ここで重要なのは、「相続専門の税理士」によるサービスであるというところ。

「中立性」と「専門性」がキーワードです。

「中立性」について

FP(ファイナンシャルプランナー)やハウスメーカー、金融機関などが相続税額の試算やアドバイスをしてくれることもありますが、「保険を売りたい」、「賃貸アパートを建ててもらいたい」、「アパートローンを貸し出したい」などという最終目的が存在することに留意する必要があります。

結果的に適切なアドバイスとなっているケースもありますが、中立的な立場からのアドバイスではないのです。

新宿総合会計事務所は、「将来の相続税の申告にお役に立てれば・・・」という淡い期待しか持っていませんので、上記のようなFP(ファイナンシャルプランナー)とは違い、中立的なアドバイスが可能なのです。

サービス提供後のしつこいセールスもありません。

「専門性」について

「インターネットでできる「簡易診断」等もありますが、単なる「相続税の試算」にとどまっているケースが多く、相続税対策のアドバイスまではなかなか踏み込めていません。

また、「確定申告でお世話になっている税理士の先生がいるから、いざとなったらその先生に頼めばいいし・・・」という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、相続税に詳しい「相続専門税理士」はごくひと握りなのです。

既に税理士とお付き合いのある皆さんも「セカンドオピニオン」として活用されてみると良いでしょう。

料金はわずか5,000円(税別)。
各種割引もあります。

「シニアライフよろず相談室」は、入会金・年会費無料で会員登録できます。

一般社団法人 シニアライフよろず相談室

一般社団法人 シニアライフよろず相談室

新着記事

人気記事

カテゴリ