株式の相続手続き


株式の相続の流れ

株式などの金融資産は、相続時にすぐには分割されません。
したがって、一時的に相続人同士が共有している状態になります。
その後遺産分割協議を経て、誰がどの程度受け継ぐのかが決まった段階で初めて被相続人からの名義書き換えができるようになり、所有者が決定します。
株式には上場株式と非上場株式があり、それぞれ相続方法に違いがありますので、詳しく説明していきます。

上場株式の場合

上場株式は金融商品取引業者等が管理をしています。
具体的には、証券会社、信託銀行、その他銀行などです。
窓口となっている証券会社や信託銀行等に死亡した事実を伝えると、書類が送付されます。
送られてきた書類を確認し、その会社へ取引残高報告書(または評価証明書という名称)というものを発行するよう請求します。
この取引残高報告書は被相続人がどこの会社の株式をどの程度保有しているのかが詳しく記載されているものです。
相続人の1人が請求することで発行してもらうことができます。

証券口座を管理している証券会社がわからない場合は?

通常は取引していた証券会社から取引残高報告書等が3ヶ月に1回(取引がない場合には1年に1回以上)送られてきます。

被相続人が株式を保有していた事実がその時点で判明するケースもあります。

しかし、「株式を保持しているのはわかっているけど、どこの証券会社と取引しているのかわからない」という場合には郵便を待つよりも自発的にできる行動があります。

それは、証券保管振替機構(ほふり)へ登録済加入者情報の開示請求をするというものです。

「証券保管振替機構(ほふり)」は口座を開設した証券会社を調査することができ、株券の名義書き換えの業務をまとめて行う機関です。

ここまでで、証券会社が判明し、その証券会社から取引残高報告書が送付されました。

次は必要となる書類を見ていきましょう。

株式の相続時に必要な書類

一般的には送付された書類に以下の必要書類を付けて提出します。

証券口座の開設

次に相続する人は証券会社に証券口座を持っていなければなりません。

なければ、新たに開設することになります。

被相続人と同じ証券会社の口座でなければ手続きができない場合もあります。

なお、現在の株はすべて電子化されていますが、信託銀行の特別口座に古いものなどが残っていた場合については失念救済請求書というものを提出して電子化してから相続を行うことになります。

非上場株式の場合

非上場株式の場合は、株券発行会社へ通知をする必要があります。

直接株券発行会社へ問い合わせ、株主名簿の書き換えをする必要があります。

もちろん、このケースでも相続人全員の合意が必要です。

相続税がかかるほどの非上場株式があれば、税務署も株主名簿を必ずチェックするので手続きをしっかりと行いましょう。

譲渡制限株式の場合

譲渡制限株式の場合は、株主が所有する株を譲渡する時に発行する会社の承認が必要ですが、相続に関してはこれが当てはまりません。

ただ、相続人に対する株式売渡請求の規定を定款に定めておけば、好ましくない人物が相続した場合に、譲渡制限株の売り渡しを請求できる場合があります。

そのケースでは、相続人は株式の相続はできず、売り渡し金をもらうだけとなります。

株式を相続した場合の評価方法

株式についても、当然、相続財産に含まれます。

上場株式と非上場株式は財産の評価基準が異なります。

上場株式の株価は日々変動するため、次の4つの株価のうち最も低い株価を用いることになっています。

①被相続人が亡くなった日の終値
※亡くなった日に取引がなかった場合、その前後で一番近い日の終値(複数ある場合はその平均額)
②被相続人が亡くなった日を含むその月の全終値の平均額
③被相続人が亡くなった日を含むその月の前月の全終値の平均額
④被相続人が亡くなった日を含むその月の前々月の全終値の平均額
※ただし、上記3か月間(被相続人が亡くなった日を含む月から前々月までの3か月間)に新株権利落や配当落などの特殊な事情があった場合は、それぞれに個別の考慮が必要になります。

非上場株式は申告書をもと財産評価のルールに則って計算する必要があります。
その計算は複雑であるため税理士に相談するのがお勧めです。


煩雑で時間のかかる相続手続き

相続手続きは煩雑で、手続き方法を調べながら行うのは大変です。
必要書類が多い上に期限内に書類を集めて作成し、各関係機関へ提出する必要があります。
また、役所や金融機関などは平日のみの対応なので、仕事をしている方は、仕事を休んで手続きをする必要があります。
せっかく仕事を休んで銀行の窓口に足を運んでも、書類が不足していたり、記入が間違っていたりして何度も足を運ばなければならないこともあります。
相続税の申告期限は迫る・・・。非協力的な兄弟姉妹・・・。
大切な人を亡くした心の傷も癒えない中、極度のストレスから体調を崩してしまう方もいます。

かけがえのない限られた時間を有意義に過ごす選択肢

そんな相続手続き、なぜ自分でやろうと思っているのですか?
長男・長女の役目(?)だから?
インターネットやノウハウ本に自分でできると書いてあるから?
専門家に頼むとお金がもったいないから?

でも、考えてみてください。

相続手続きについて調べたり、悩んだり、走り回ったりする時間を仕事や趣味や休息にあてたとしたら、どんなに心と身体にとって健康的であるかということを。

相続専門チームが相続手続きを一括代行する便利なサービス

新宿総合会計事務所の「ワンパック相続®」は、必要書類の収集から不動産の相続登記、金融機関の口座等の名義変更、相続税の申告、税務調査の対応まで、相続専門チームが一括代行する便利なサービス。
年金の手続きや自動車の名義変更なども窓口ひとつでカバー。

遺品整理、相続不動産や美術品・骨董品、ゴルフ会員権の売却などについても、信頼できる提携業者をご紹介可能です。
料金もワンパック。相続税の申告料や司法書士報酬などが全て含まれており、追加料金が発生しない安心な料金体系です。

安心してご利用いただきたいから、まずは資料のダウンロードを。

もちろん、お金で「安心を買う」以上、事前の十分な吟味は必要です。
お申込み前に、まずは資料ダウンロードでワンパック相続の良さを知ってください。
他社のサービスとの違いがおわかりいただけると思います。
下記のフォームに必要情報を入力後、資料をダウンロードすることができます。

各種割引

各種割引もあります。



「シニアライフよろず相談室」は、入会金・年会費無料で会員登録できます。

一般社団法人 シニアライフよろず相談室

一般社団法人 シニアライフよろず相談室

新着記事

人気記事

カテゴリ