小規模宅地等の特例~申請書類の書き方~


小規模宅地等の特例を受けるには?

相続財産の中に土地がある場合には、一定の要件を満たすことによって大幅な税金軽減ができる可能性があります。

土地はあるものの、現金預金が少なくてご不安な方にとってはとてもありがたい制度になっています。

小規模宅地等の特例の詳細はこちら

小規模宅地等の特例を受けるための手続き

小規模宅地等の特例を受ければ、土地の評価額は下がり、結果的に納付する相続税額を下げることができます。

それでは、この特例を受けるためには、どのような手続きが必要なのでしょうか。

それは、税務署に提出する相続税の申告書に、各種書類を添付することで、この特例を受けることが可能になります。

具体的に提出する書類は、小規模宅地等に係る計算の明細書や遺産分割協議書の写しなどの書類です。

土地評価の減額金額の計算書の作成方法

税務署に提出する相続税の申告書は、第1表から第15表という各種表から成り立っています。

これらの書類は国税庁のHPからダウンロードすることができます。

このうち、第11表は、「相続税がかかる財産の明細書」です。

つまり、被相続人の財産の一覧表ということになります。

そして、この第11表に関する「付表」が、小規模宅地等の特例に係る計算の明細書となります。

この「付表」については、国税庁のホームページや、最寄りの税務署で入手することができます。

小規模宅地等の特例(申請書)見本

それでは、この付表には、どのような情報を記載すればよいのでしょうか。

具体的には、次のような項目を下記の赤枠の欄に記載することになります。

小規模宅地等の特例(申請書)

★被相続人
お亡くなりになった方の氏名を記載してください。
未記入であったり、相続人の氏名を書いてしまわないよう注意が必要です。

特例を使える可能性のある相続人全員が「特例を適用する土地はこの土地です」という内容に納得したことを証明するためにこのような記載方法になっています。

「限度面積要件」について

小規模宅地等の特例については、適用を受けられる限度面積が定められています。

限度面積の詳細はこちら

この限度面積の計算についても、第11表に関する「付表」に記入することにより判定することとなっています。

記入方法について、ケースによっては複雑な場合もあります。

記入方法に関して不明な点があれば、相続専門の税理士に相談するか、税務署に問合せをするのがよいでしょう。


気軽に相続税対策の第一歩を踏み出しませんか?

相続専門の税理士が、約60分のご面談の中で、相続税概算額の試算を行い、相続税対策の要点をA3版1枚のレポートにまとめてくれる新宿総合会計事務所の「相続税早期対策シート」。



相続税対策の第一歩としてピッタリのサービスです。

ここで重要なのは、「相続専門の税理士」によるサービスであるというところ。

「中立性」と「専門性」がキーワードです。

「中立性」について

FP(ファイナンシャルプランナー)やハウスメーカー、金融機関などが相続税額の試算やアドバイスをしてくれることもありますが、「保険を売りたい」、「賃貸アパートを建ててもらいたい」、「アパートローンを貸し出したい」などという最終目的が存在することに留意する必要があります。

結果的に適切なアドバイスとなっているケースもありますが、中立的な立場からのアドバイスではないのです。

新宿総合会計事務所は、「将来の相続税の申告にお役に立てれば・・・」という淡い期待しか持っていませんので、上記のようなFP(ファイナンシャルプランナー)とは違い、中立的なアドバイスが可能なのです。

サービス提供後のしつこいセールスもありません。

「専門性」について

「インターネットでできる「簡易診断」等もありますが、単なる「相続税の試算」にとどまっているケースが多く、相続税対策のアドバイスまではなかなか踏み込めていません。

また、「確定申告でお世話になっている税理士の先生がいるから、いざとなったらその先生に頼めばいいし・・・」という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、相続税に詳しい「相続専門税理士」はごくひと握りなのです。

既に税理士とお付き合いのある皆さんも「セカンドオピニオン」として活用されてみると良いでしょう。

料金はわずか5,000円(税別)。
各種割引もあります。

「シニアライフよろず相談室」は、入会金・年会費無料で会員登録できます。

一般社団法人 シニアライフよろず相談室

一般社団法人 シニアライフよろず相談室

新着記事

人気記事

カテゴリ