贈与タグのついた記事

親の所有不動産を売却する時の方法~売却方法まとめ~

2017年5月18日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

親の所有不動産を売却する時の方法は?売却方法まとめ 親が所有している不動産を売却する場合、「親が生きている間に売却する」と「親の死後に相続して売却する」の大きく2つのケースがあります。 生前に親の介護費用や贈与などで子ど...

生前贈与が「相続財産」になってしまうケースとは

2017年3月24日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

生前贈与が「相続財産」になってしまうことがある 生前贈与を行うことは、一般的に広く知られている相続税対策の一つです。 しかし、場合によっては相続時に生前贈与分の金額が相続財産に含まれてしまい、相続税がかかってしまうことが...

小規模宅地等の特例~小規模宅地の特例とは~

2017年1月25日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

小規模宅地等の特例を適用すると土地の相続税が大幅に減額される! 小規模宅地等の特例とは、「土地を相続した場合に一定の要件を満たせば、その土地の評価額を80%ないしは50%減額し、相続税を下げる」という制度です。 まず、そ...

相続時精算課税制度とは

2017年1月25日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

相続時精算課税制度とは 60歳以上の父母または祖父母から20歳以上の子・孫への生前贈与について、子・孫の選択により利用できる制度で、贈与時には贈与財産に対する軽減された贈与税を支払い、その後相続時にその贈与財産とその他の...

相続税対策となる子や孫への「教育資金の贈与」とは

2016年12月16日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

「教育資金の贈与」とは 新聞やテレビで「教育資金の贈与」が話題になっています。 相続も贈与も金銭や財産を譲り渡す点では同じですが、生前に譲るのが「贈与」、死亡後に渡すのが「相続」です。 贈与税の方が相続税に比べて税率が高...

住宅取得資金の贈与

2016年12月16日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

子や孫へ住宅取得資金を贈与する際に利用できる特例制度とは? 通常、資金や財産などを贈与されると贈与税が発生します。 一般的な贈与では基礎控除として年間で受けた金額から110万円までが非課税となりますが、110万円を超える...

贈与税の基礎控除を使った生前贈与

2016年12月16日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

贈与税の基礎控除を使った生前贈与 相続税の節税法の1つに基礎控除を利用した生前贈与があります。 贈与税の基礎控除は1年につき110万円です。 毎年1月1日から12月31日までの間に110万円以下の贈与を行う場合、贈与税は...