節税タグのついた記事

相続した不動産を売却する際に知っておきたい「相続税の取得費加算の特例」とは

2017年8月4日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

「相続税の取得費加算の特例」とは 相続により不動産等の財産を得た際、その財産の売却によって生じた譲渡所得から相続時に納税した額を取得費として計上することができる制度のことです。 これにより譲渡所得を減額することが可能とな...

小規模宅地の特例~「家なき子特例」とは~

2017年4月18日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

「家なき子特例」とは 親の持ち家を相続する場合、相続税対策として小規模宅地等の特例があります。 親(被相続人)と一緒に暮らしている場合、この特例を利用すれば相続する土地の評価額を最大80%減額する事ができます。 親と同居...

領収書が無くても御布施・戒名代は相続財産から控除できる?

2017年4月6日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

御布施・戒名代は葬式費用に含まれる? 葬式費用の内容について、おおまかなイメージをお持ちの方は多いと思いますが、詳細についてご存知の方は少ないのではないでしょうか。 具体的に葬式に必要なものとして、以下のようなものが挙げ...

広大地評価とは~相続税申告時に土地の評価額が大幅に減額~

2017年3月29日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

広大な土地を所有している場合は適用を検討 被相続人が広大な土地を持っていた場合、評価対象地が「広大地」の対象となれば、相続税申告時に土地の評価額が大幅に減額(最大65%)されることとなります。土地の評価額の大幅減額は、相...

相続時精算課税制度とは

2017年1月25日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

相続時精算課税制度とは 60歳以上の父母または祖父母から20歳以上の子・孫への生前贈与について、子・孫の選択により利用できる制度で、贈与時には贈与財産に対する軽減された贈与税を支払い、その後相続時にその贈与財産とその他の...

贈与税の基礎控除を使った生前贈与

2016年12月16日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

贈与税の基礎控除を使った生前贈与 相続税の節税法の1つに基礎控除を利用した生前贈与があります。 贈与税の基礎控除は1年につき110万円です。 毎年1月1日から12月31日までの間に110万円以下の贈与を行う場合、贈与税は...

信託を活用した相続税対策

2016年12月16日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

信託の定義と仕組み まず、信託とは「委託者(=預ける人)の設定した一定の目的に従い、当該財産の管理又は処分を受託者(=預かる人)が行う行為」のことを指します。 信託をする上でよく耳にする「信託受益権(しんたくじゅえきけん...

生命保険を活用した相続税対策~相続税対策の手段として注目される生命保険~

2016年11月22日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

相続税対策の手段として注目される生命保険 年を重ね高齢になってくると気になってくるのが遺産相続の問題です。 遺産の円滑な分割と、税金への対応が必要になります。 相続税対策の一つとして一般的に知られているのが生命保険です。...

生前贈与のポイント~暦年贈与と相続時精算課税制度~

2016年9月15日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

生前贈与とは 生前贈与は、死後遺族に渡る財産の一部を死ぬ前に贈与することによって相続税の課税対象となる財産を減らし、最終的には相続税を減らすことを目的として実施します。 ただし、この贈与に対しては贈与税が課せられます。 ...