節税対策タグのついた記事

小規模宅地の特例~「家なき子特例」とは~

2017年4月18日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

「家なき子特例」とは 親の持ち家を相続する場合、相続税対策として小規模宅地等の特例があります。 親(被相続人)と一緒に暮らしている場合、この特例を利用すれば相続する土地の評価額を最大80%減額する事ができます。 親と同居...

小規模宅地等の特例~「生計を一にする」ことの法的意味と判断基準~

2017年4月14日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

「生計を一にする」ことの法的意味と判断基準 遺産相続では、「生計を一にする」かどうかが重要となる場合があります。 「生計を一にする」とは、同居生活している場合が典型的なケースですが、同居していなくても、経常的な生活費の援...

生前贈与が「相続財産」になってしまうケースとは

2017年3月24日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

生前贈与が「相続財産」になってしまうことがある 生前贈与を行うことは、一般的に広く知られている相続税対策の一つです。 しかし、場合によっては相続時に生前贈与分の金額が相続財産に含まれてしまい、相続税がかかってしまうことが...

生命保険を活用した相続税対策~メリット・デメリットの検証~

2017年3月15日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

終身保険(生命保険)のメリット・デメリット 相続税対策として、終身保険を利用したほうが良いという意見があると同時に、それは本当なのだろうかという疑問を持つ人たちの声が多く聞かれます。 そのような意見や疑問への回答も含めて...

相続時精算課税制度とは

2017年1月25日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

相続時精算課税制度とは 60歳以上の父母または祖父母から20歳以上の子・孫への生前贈与について、子・孫の選択により利用できる制度で、贈与時には贈与財産に対する軽減された贈与税を支払い、その後相続時にその贈与財産とその他の...

お墓や仏壇を買うなら生前に買った方が相続税が安くなる理由

2016年12月16日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

お墓や仏壇を買うなら生前に買った方が相続税が安なる理由 お墓や仏壇は祭祀財産(さいしざいさん)と呼ばれるもので、他にも仏像・位牌・仏具なども含まれます。 これらは相続税の対象にはなりません。 つまり相続税は0円です。 生...

贈与税の基礎控除を使った生前贈与

2016年12月16日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

贈与税の基礎控除を使った生前贈与 相続税の節税法の1つに基礎控除を利用した生前贈与があります。 贈与税の基礎控除は1年につき110万円です。 毎年1月1日から12月31日までの間に110万円以下の贈与を行う場合、贈与税は...