相続タグのついた記事

相続した不動産を売却する際に知っておきたい「相続税の取得費加算の特例」とは

2017年8月4日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

「相続税の取得費加算の特例」とは 相続により不動産等の財産を得た際、その財産の売却によって生じた譲渡所得から相続時に納税した額を取得費として計上することができる制度のことです。 これにより譲渡所得を減額することが可能とな...

親の所有不動産を売却する時の方法~売却方法まとめ~

2017年5月18日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

親の所有不動産を売却する時の方法は?売却方法まとめ 親が所有している不動産を売却する場合、「親が生きている間に売却する」と「親の死後に相続して売却する」の大きく2つのケースがあります。 生前に親の介護費用や贈与などで子ど...

複雑すぎる数次相続

2017年5月17日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

数次相続とは 遺産相続における遺産分割協議には期限が定められていません。 そのため、いつまでも協議を先延ばしにしていると相続人の中から死亡者が出てしまうケースがあります。 遺産相続が開始されてから、遺産分割協議や相続登記...

借主が死亡した場合、住宅ローンは返済不要?

2017年5月8日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

借主が死亡した場合、住宅ローンは返済不要? 住宅ローンがまだ残っている状態で不動産の相続をしたらどうなるでしょうか? 相続した人が住宅ローンの返済を引き継がなければならないのでしょうか? 実は払わなくていい場合がほとんど...

美術品(絵画や骨董品)を相続した場合

2017年5月8日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

美術品(絵画や骨董品)を相続した場合 絵画や骨董品などの美術品はお金に換えることができるので相続財産として扱われます。 しかし、美術品を相続して相続税を納付するケースはそれほど多くはありません。 「3,000万円+(60...

小規模宅地等の特例~申請書類の書き方~

2017年5月2日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

小規模宅地等の特例を受けるには? 相続財産の中に土地がある場合には、一定の要件を満たすことによって大幅な税金軽減ができる可能性があります。 土地はあるものの、現金預金が少なくてご不安な方にとってはとてもありがたい制度にな...

小規模宅地の特例~「家なき子特例」とは~

2017年4月18日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

「家なき子特例」とは 親の持ち家を相続する場合、相続税対策として小規模宅地等の特例があります。 親(被相続人)と一緒に暮らしている場合、この特例を利用すれば相続する土地の評価額を最大80%減額する事ができます。 親と同居...

相続手続きには戸籍が必要。知っておきたい戸籍の知識

2017年4月18日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

相続時に必要になる戸籍の種類は? 相続の際必要な戸籍の種類は、「戸籍謄本」「戸籍抄本」「改製原戸籍」「除籍謄本」があります。 どのようなものかをそれぞれ詳しくご紹介します。 戸籍謄本と戸籍抄本の違いは? 「戸籍謄本」、「...

株式の相続手続き

2017年4月14日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

株式の相続の流れ 株式などの金融資産は、相続時にすぐには分割されません。 したがって、一時的に相続人同士が共有している状態になります。 その後遺産分割協議を経て、誰がどの程度受け継ぐのかが決まった段階で初めて被相続人から...