相続税タグのついた記事

借主が死亡した場合、住宅ローンは返済不要?

2017年5月8日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

借主が死亡した場合、住宅ローンは返済不要? 住宅ローンがまだ残っている状態で不動産の相続をしたらどうなるでしょうか? 相続した人が住宅ローンの返済を引き継がなければならないのでしょうか? 実は払わなくていい場合がほとんど...

美術品(絵画や骨董品)を相続した場合

2017年5月8日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

美術品(絵画や骨董品)を相続した場合 絵画や骨董品などの美術品はお金に換えることができるので相続財産として扱われます。 しかし、美術品を相続して相続税を納付するケースはそれほど多くはありません。 「3,000万円+(60...

株式の相続手続き

2017年4月14日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

株式の相続の流れ 株式などの金融資産は、相続時にすぐには分割されません。 したがって、一時的に相続人同士が共有している状態になります。 その後遺産分割協議を経て、誰がどの程度受け継ぐのかが決まった段階で初めて被相続人から...

領収書が無くても御布施・戒名代は相続財産から控除できる?

2017年4月6日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

御布施・戒名代は葬式費用に含まれる? 葬式費用の内容について、おおまかなイメージをお持ちの方は多いと思いますが、詳細についてご存知の方は少ないのではないでしょうか。 具体的に葬式に必要なものとして、以下のようなものが挙げ...

広大地評価とは~相続税申告時に土地の評価額が大幅に減額~

2017年3月29日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

広大な土地を所有している場合は適用を検討 被相続人が広大な土地を持っていた場合、評価対象地が「広大地」の対象となれば、相続税申告時に土地の評価額が大幅に減額(最大65%)されることとなります。土地の評価額の大幅減額は、相...

相続人が海外にいる場合の相続手続き

2017年3月27日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

相続人が海外にいる場合の相続手続き 相続人が海外にいても、日本で相続税の申告をする必要があります。 相続税は、亡くなった方が住んでいた場所の所轄の税務署に申告しなくてはなりません。 たとえ、相続人が海外に住んでいたとして...

生前贈与が「相続財産」になってしまうケースとは

2017年3月24日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

生前贈与が「相続財産」になってしまうことがある 生前贈与を行うことは、一般的に広く知られている相続税対策の一つです。 しかし、場合によっては相続時に生前贈与分の金額が相続財産に含まれてしまい、相続税がかかってしまうことが...

生命保険を活用した相続税対策~メリット・デメリットの検証~

2017年3月15日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

終身保険(生命保険)のメリット・デメリット 相続税対策として、終身保険を利用したほうが良いという意見があると同時に、それは本当なのだろうかという疑問を持つ人たちの声が多く聞かれます。 そのような意見や疑問への回答も含めて...

遺産相続ですべき手続きや話し合いは何がある?遺産相続手続きに期限はあるの?

2017年1月25日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

遺産相続とは 人が亡くなると、その家族(妻や子どもなど)に遺産が受け継がれます。 これを遺産相続といいます。 亡くなった方(被相続人)の遺産を誰がどのくらい相続するかの相続配分は法律で定められています。 しかし法律の定め...