小規模宅地等の特例タグのついた記事

小規模宅地等の特例~申請書類の書き方~

2017年5月2日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

小規模宅地等の特例を受けるには? 相続財産の中に土地がある場合には、一定の要件を満たすことによって大幅な税金軽減ができる可能性があります。 土地はあるものの、現金預金が少なくてご不安な方にとってはとてもありがたい制度にな...

小規模宅地の特例~「家なき子特例」とは~

2017年4月18日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

「家なき子特例」とは 親の持ち家を相続する場合、相続税対策として小規模宅地等の特例があります。 親(被相続人)と一緒に暮らしている場合、この特例を利用すれば相続する土地の評価額を最大80%減額する事ができます。 親と同居...

小規模宅地等の特例~「生計を一にする」ことの法的意味と判断基準~

2017年4月14日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

「生計を一にする」ことの法的意味と判断基準 遺産相続では、「生計を一にする」かどうかが重要となる場合があります。 「生計を一にする」とは、同居生活している場合が典型的なケースですが、同居していなくても、経常的な生活費の援...

小規模宅地等の特例~小規模宅地の特例とは~

2017年1月25日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

小規模宅地等の特例を適用すると土地の相続税が大幅に減額される! 小規模宅地等の特例とは、「土地を相続した場合に一定の要件を満たせば、その土地の評価額を80%ないしは50%減額し、相続税を下げる」という制度です。 まず、そ...

相続税の申告期限はいつまで? 把握しておきたい相続手続き全体の流れ

2016年8月9日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

相続税の申告は10ヵ月以内、他にも様々な「期限」があります 相続手続きをしなければいけないのに、どうすればいいのか分からなくて困っている人もいるかもしれません。 銀行口座についても相続が開始した時点で、すぐに凍結されてし...