相続税対策


相続税対策について税理士やファイナンシャルプランナーなど実務に携わる専門家たちによる珠玉のアドバイス。50代になったら考えたい相続税の早期対策、いまから始めてみませんか?


暦年贈与― 年間110万円まで非課税

2018年5月24日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

新宿総合会計事務所の出番も今回がとりあえず最後となります。 今回のテーマは贈与です。相続税対策と生前贈与。この2つは切っても切り離せないものです。 筆者も税理士試験の勉強中によく使った言葉が「贈与税は相続税の補完税」でし...

生前にお墓を作るメリットは?

2018年5月17日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

先週に引き続き、新宿総合会計事務所が「相続税対策」について紹介します。 先日、相続税対策のご相談の合間に、あるお客さまが、こんな話をされました。 「私は次男で本家ではないので、自分が亡くなったら入るお墓がないんです。亡く...

低く抑える事が最善策ではない

2018年5月10日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

今週から3回にわたって、新宿総合会計事務所が「相続税対策」というテーマの相談内容をご紹介します。 先日、私たちが開催している無料税務相談会で、こんな質問をいただきました。 「そろそろ相続対策について真剣に考えようと思って...

生前贈与を上手に活用しよう!

2018年2月20日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

相続税対策となる生前贈与 生前贈与は、死後遺族に渡る財産の一部を亡くなる前に贈与することによって相続税の課税対象となる財産を減らすことから、相続税対策につながります。生前贈与は、法定相続人に限らず、誰に対しても行うことが...

小規模宅地等の特例~申請書類の書き方~

2017年5月2日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

小規模宅地等の特例を受けるには? 相続財産の中に土地がある場合には、一定の要件を満たすことによって大幅な税金軽減ができる可能性があります。 土地はあるものの、現金預金が少なくてご不安な方にとってはとてもありがたい制度にな...

小規模宅地の特例~「家なき子特例」とは~

2017年4月18日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

「家なき子特例」とは 親の持ち家を相続する場合、相続税対策として小規模宅地等の特例があります。 親(被相続人)と一緒に暮らしている場合、この特例を利用すれば相続する土地の評価額を最大80%減額する事ができます。 親と同居...

小規模宅地等の特例~「生計を一にする」ことの法的意味と判断基準~

2017年4月14日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

「生計を一にする」ことの法的意味と判断基準 遺産相続では、「生計を一にする」かどうかが重要となる場合があります。 「生計を一にする」とは、同居生活している場合が典型的なケースですが、同居していなくても、経常的な生活費の援...

生前贈与が「相続財産」になってしまうケースとは

2017年3月24日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

生前贈与が「相続財産」になってしまうことがある 生前贈与を行うことは、一般的に広く知られている相続税対策の一つです。 しかし、場合によっては相続時に生前贈与分の金額が相続財産に含まれてしまい、相続税がかかってしまうことが...

生命保険を活用した相続税対策~メリット・デメリットの検証~

2017年3月15日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

終身保険(生命保険)のメリット・デメリット 相続税対策として、終身保険を利用したほうが良いという意見があると同時に、それは本当なのだろうかという疑問を持つ人たちの声が多く聞かれます。 そのような意見や疑問への回答も含めて...