未分類



必要な情報の取り出しに「パスワードの壁」

2019年2月14日:編集部

 故人のパソコンやスマートフォンなどのデバイスに残されたデータ(デジタル遺品)を取り出し、整理することを「デジタル遺品整理」といいます。パソコンやスマホは、通常、個々人のアカウントで管理されていますが、それゆえに本人しか...

年金受給者の手続き負担軽減

2019年1月24日:編集部

確定申告不要制度  確定申告とは、所得にかかる税金の金額を計算し、納税者が自ら税務署へ申告・納税する手続きです。個人の場合、1月1日から12月31日までを計算期間とし、原則として翌年の2月16日から3月15日までの期間に...

混み合う年末、事前の準備が大事だが…

2018年12月27日:編集部

お葬式③  年の瀬になり、めっきり冬らしくなってきました。厳しい寒さで体調を崩しやすく、心疾患などのリスクも高まる冬場は、1年の中でお亡くなりになる方が最も多い時期です。葬儀社や火葬場も混みあっています。東京都など人口が...

進む寺離れ 取り残される供養心

2018年12月20日:株式会社 ユニクエスト・オンライン

お葬式②  最後にお寺を訪れたのはいつですか。この秋、紅葉を見に有名なお寺へ行った、という人も多いかもしれませんね。では、ご自身の菩提寺へはどうでしょうか。  当社(ユニクエスト)の「小さなお葬式」を依頼される人の中には...

「費用をかけず、家族だけで」が増加

2018年12月13日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

お葬式① 日本で一番、人が亡くなっているのは何月だと思いますか。このような質問をすると「8月の暑い時期」「季節の変わり目では」といったさまざまな声を聞きますが、厚生労働省の人口動態統計によると、1年のうちで死亡者数が増え...

「自然に還る」…遺骨の行き先が多様化

2018年12月6日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

 「私が死んだら遺骨は海にまいてほしい」  海洋散骨は、全国で年間1万件ほど行われている葬送方法です。ひと昔前までは、人が亡くなり火葬された後は、墓地に埋葬されるのが当たり前でした。しかし、核家族化・少子化が進んだことで...

遺された人を考え、お参りを想像してみる

2018年11月29日:いせや株式会社

失敗しない現代のお墓選び【第三回】  今回は、お墓選びのポイントとして「墓所」と「墓地」に分けて紹介します。墓所とは、一つのお墓を言います。一方、墓地はお墓がある霊園や寺院墓地の全体を言います。それぞれどのようなポイント...

後の世代に負担をかけない「永代供養」と「樹木葬」

2018年11月22日:いせや株式会社

失敗しない現代のお墓選び【第二回】  前回から、現代のお墓とその選び方について紹介しています。今回は「永代供養墓」と「樹木葬」についてお話しします。  お墓を代々承継することができない事例が増えていることから、「永代供養...

「樹木葬」「手元供養」…社会の変化で多様化

2018年11月15日:いせや株式会社

失敗しない現代のお墓選び【第一回】  お墓について、最近さまざまな変化が起きていることをご存じでしょうか? 故人の遺骨を納め、お盆やお彼岸にはお墓参りをするという、日本人にはなじみのお墓との関係が今、変化の時を迎えていま...

配偶者と死別…心のダメージ乗り越える

2018年11月1日:中高年シニアの婚活 茜会

 「バツイチ」という言葉はすっかり定着していますが、配偶者と死別された人のことを「没イチ(ボツイチ)」と呼ぶことがあります。  自分たちの意思で配偶者と別れた離婚経験者と異なるのは、配偶者を亡くした心のダメージを負われて...