成年後見



家族による家族のための財産管理・承継制度

2019年3月7日:編集部

 家族信託(チェスナット司法書士法人)  超高齢社会の進展により、認知症高齢者の人数がますます増えていくことが確実視されています。内閣府の推計によれば、団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)となる2025年には、認知症高齢...

「見守り契約」で支援開始の時期が判断しやすく

2019年2月28日:勝司法書士法人

 任意後見の詳細  「任意後見制度」とは、「本人の判断能力があるうちに信頼できる任意後見受任者を選んでおき、将来、判断能力が衰えてきた場合、法律面や生活面でのさまざまな支援が受けられるよう、あらかじめ契約(任意後見契約)...

判断能力衰えた人の財産管理などのサポート

2019年2月21日:勝司法書士法人

 成年後見制度  認知症を発症すると、判断能力(契約など法律行為を行うために必要となる物事のメリット・デメリットを判断する能力)が損なわれます。判断能力が十分でない状態で行った行為は原則無効となるため、さまざまな契約行為...

おひとりさまでも安心。死後事務委任契約とは

2018年4月2日:勝司法書士法人

死後事務委任契約とは 人が亡くなると葬儀や納骨、医療費や施設費用の未払い分の精算、遺品整理や各種解約手続きなどの事務が、発生します。 ところが、人によっては、やってくれる身内がいないこともあります。その場合は、どうすれば...

成年後見制度とは ~法定後見と任意後見の違い~

2018年4月2日:勝司法書士法人

成年後見制度とは 認知症などで判断能力が十分でない状態になると、契約行為や権利の行使などが制限されます。今まで自らの意思で自由にできていた様々なことが、単独ではできなくなってしまいます。 成年後見制度は、判断能力が十分で...