記事トップ

「樹木葬」「手元供養」…社会の変化で多様化

2018年11月15日:いせや株式会社

失敗しない現代のお墓選び【第一回】  お墓について、最近さまざまな変化が起きていることをご存じでしょうか? 故人の遺骨を納め、お盆やお彼岸にはお墓参りをするという、日本人にはなじみのお墓との関係が今、変化の時を迎えていま...

法律婚でも事実婚でも遺言書作成を

2018年11月8日:東京 たくみ法律事務所

 人生100年時代と言われるようになり、シニア婚の相談も増えています。そこで今回は、シニア婚をめぐるさまざまな法律問題について紹介します。 【事実婚か法律婚か】  最近のシニア婚では、入籍(婚姻届の提出)にこだわらず、事...

配偶者と死別…心のダメージ乗り越える

2018年11月1日:中高年シニアの婚活 茜会

 「バツイチ」という言葉はすっかり定着していますが、配偶者と死別された人のことを「没イチ(ボツイチ)」と呼ぶことがあります。  自分たちの意思で配偶者と別れた離婚経験者と異なるのは、配偶者を亡くした心のダメージを負われて...

求められる「お互いの家族への配慮」

2018年10月25日:中高年シニアの婚活 茜会

 中高年の婚活をサポートする茜会の会員の過半数は60代以上。そのうち7割に結婚歴があり、ほとんどにお子さんがいます。そのため、「好きだから結婚(=入籍)する)」とは単純にいかないのが、シニア世代の恋愛事情。子供や相続の問...

性に関心を持つことは健康の秘訣

2018年10月18日:中高年シニアの婚活 茜会

 茜会は創業58年。シニア世代の結婚情報サービスの草分け的存在として数多くのカップル誕生のお手伝いをしてきました。今週から3回にわたって、「シニアの婚活」の最新事情をお伝えします。  「国立社会保障・人口問題研究所」の「...

思いを大切にしながら国内外へ売却

2018年10月11日:株式会社古美術八光堂

 「親が亡くなり空き家になった生家を売却したいが、美術品・骨董品が山のようにあり、どうしたらいいかわからない。おかげで不動産売却の話が滞り、困っている」  私たちに寄せられる典型的なご相談です。  ポイントは2つ。「遺さ...

流行に左右されやすい絵画の売り時は慎重に

2018年10月4日:株式会社古美術八光堂

 美術品・骨董品の価値は、素材・歴史・保存状態・流行などにより大きく左右されます。基本的に時価商品である美術品・骨董品は、取引の市場も日々変動するため、鑑定士は市場の動向を把握し、時代の流れを汲み取る力が求められています...

「実店舗」を構える業者を選べ

2018年9月27日:株式会社古美術八光堂

 今回から3回にわたって「古美術八光堂」が、「美術品・骨董品と生前整理・遺品整理」について紹介します。  「遺品整理を業者にお願いしたいが、故人が買い集めていた絵画が数点ある。価値があるものかもしれないし、あまり価値がな...

物を減らして収納場所を決める

2018年9月21日:株式会社リリーフ

今回は「生前整理の進め方」について紹介します。  年齢を重ねると筋力が落ち、体力も落ちてしまいます。一方で、ライフスタイルの変化に伴って家の中の物は増えてきます。特に最近は買い物がとても便利になり、物がすぐ手に入るように...

転倒事故の可能性も高める

2018年9月13日:株式会社リリーフ

 今回は生前整理の「必要性」について紹介します。前回、「遺品整理は遺族への負担が大きい」ことと「相続時にもめる原因にもなる可能性がある」と述べました。そういった事態を避けるため、終活の一環として生前整理を始める方もいらっ...