記事トップ

もしもの時のために知っておきたい相続放棄の手続き

2016年11月22日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

相続財産には「マイナスの財産」がある場合も 相続をする時に対象となる資産は、現金や不動産といったプラスの財産だけではなく、住宅ローンなどのいわゆる借金や保証人としての立場などマイナスの財産も含まれます。 「プラスの財産が...

借金は相続したくない~相続放棄という選択肢~

2016年11月22日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

借金は相続したくない~相続放棄という選択肢~ 故人の生前の暮らしぶりを知っていれば話しも早いのですが、少し遠方にいたり込み入った話しをせずにいたりすると後々になって相続をする時に不都合が起こってしまいます。 時に被相続人...

賃貸物件に住んでいた身内が死亡した場合、相続開始後の賃料は誰が払うのか

2016年11月22日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

家賃の支払い義務がある場合も。相続開始後の賃料に注意 賃貸物件に住んでいた親族が亡くなってしまった際、その後も不動産会社との契約内容によっては賃貸物件を借りたままの状態になっています。 このような場合には相続人が賃料を支...

できるなら避けたい不動産の共同相続の注意点

2016年11月22日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

不動産の共同相続の問題点 共同相続とは、二人以上の法定相続人が共同で行う相続のことです。 二人以上で相続を行うなら心強い!と思う方もいるかもしれませんが、実は共同相続には後々揉めたり協議が長引いたりする要因があります。 ...

被相続人の不動産に居住する相続人の立ち退きを要求できる?

2016年11月22日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

死亡した両親の家に住み続ける姉に立ち退きを要求できる? 被相続人が生前に所有していた不動産に被相続人の子供が住んでいた場合、その不動産の相続人(例えば居住していない子供など)が立ち退きを要求できるのでしょうか。 このケー...

借地権の遺贈を受ける際の注意点

2016年11月22日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

借地権は相続財産に含まれるか? 借地権を持っている人が亡くなった場合、その権利も通常の遺産と同様に相続するものの対象となります。 借地権の相続に地主の承諾は必要なく借地の契約を行うこともないのですが、地主に通知する必要は...

代襲相続の範囲を家系図でチェック

2016年9月15日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

本来相続するはずの相続人「法定相続人」がいない場合の「代襲相続」とは 親よりも先に子どもが死ぬほど親不孝なことはありません。 しかし高齢化へと突き進む現代において親よりも先に子どもが亡くなるケースも多くなっています。 そ...

遺贈と相続税

2016年9月15日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

遺贈とは 遺言書を使えば、相続人でない人に財産を渡す事が可能です。これを「遺贈」といいます。 例えば懸命に介護してくれた子供の妻や介護士・認知していない愛人の子に遺産を渡したい時は、この「遺贈」という方法で実行することが...

特別受益持ち戻し免除の意思表示は明確に!特別受益者を守れます。

2016年9月15日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

特別受益とは 特別受益とは、共同相続人(※1)のなかでも特定の誰かが、被相続人(亡くなった人)から何らかの形で受け取っていた財産や利益のことです。 亡くなる前か、遺贈により受け取った財産が該当し、売買によって受け取ったも...

生前贈与のポイント~暦年贈与と相続時精算課税制度~

2016年9月15日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

生前贈与とは 生前贈与は、死後遺族に渡る財産の一部を死ぬ前に贈与することによって相続税の課税対象となる財産を減らし、最終的には相続税を減らすことを目的として実施します。 ただし、この贈与に対しては贈与税が課せられます。 ...