夕刊フジ連載記事バックナンバー

2018年4月5日(木)より毎週木曜日夕刊フジにて「シニアライフよろず相談室」連載中

こちらよりバックナンバーをご覧頂けます。

必要な情報の取り出しに「パスワードの壁」

2019年2月14日:編集部

 故人のパソコンやスマートフォンなどのデバイスに残されたデータ(デジタル遺品)を取り出し、整理することを「デジタル遺品整理」といいます。パソコンやスマホは、通常、個々人のアカウントで管理されていますが、それゆえに本人しか...

一括代行の「ワンパック相続」で負担軽減

2019年2月7日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

相続手続き㊦  亡くなった人が遺言書を作成しておらず、相続人が複数いる場合、相続人の間の協議により遺産分割の内容を決定します(遺産分割協議)。決定した内容は、「遺産分割協議書」として文書化し、相続人全員が署名・押印します...

煩雑な戸籍謄本の取得・提出を効率化

2019年1月31日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

 相続手続き㊤  今回から2回にわたり、面倒で大変だとよく言われる「相続手続き」について説明します。  相続手続きは、遺言書の有無の調査、誰が相続人であるかの調査、どんな相続財産があるかの調査、遺産分割(遺言書がある場合...

年金受給者の手続き負担軽減

2019年1月24日:編集部

確定申告不要制度  確定申告とは、所得にかかる税金の金額を計算し、納税者が自ら税務署へ申告・納税する手続きです。個人の場合、1月1日から12月31日までを計算期間とし、原則として翌年の2月16日から3月15日までの期間に...

親族とのトラブルを避けるために

2019年1月17日:マーキュリー・ジェネラル弁護士法人

 遺言と認知症  近年、被相続人が認知症になった状況で遺言が残された場合、その死後に相続人の間で遺言の効力をめぐる争いが生じることは珍しくありません。  ひとたび紛争化すれば、遺言内容を検討することはもちろん、病院の各種...

人生100年時代を快適に生きるために

2019年1月10日:編集部

 一般社団法人シニアライフよろず相談室は夕刊フジと共催で、3月16日(土)に「福井謙二と考える安心・快適なシニアライフセミナー」を東京都新宿区の「AP西新宿」で開催します。入場無料。人生100年時代を快適に生きるための住...

混み合う年末、事前の準備が大事だが…

2018年12月27日:編集部

お葬式③  年の瀬になり、めっきり冬らしくなってきました。厳しい寒さで体調を崩しやすく、心疾患などのリスクも高まる冬場は、1年の中でお亡くなりになる方が最も多い時期です。葬儀社や火葬場も混みあっています。東京都など人口が...

進む寺離れ 取り残される供養心

2018年12月20日:株式会社 ユニクエスト・オンライン

お葬式②  最後にお寺を訪れたのはいつですか。この秋、紅葉を見に有名なお寺へ行った、という人も多いかもしれませんね。では、ご自身の菩提寺へはどうでしょうか。  当社(ユニクエスト)の「小さなお葬式」を依頼される人の中には...

「費用をかけず、家族だけで」が増加

2018年12月13日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

お葬式① 日本で一番、人が亡くなっているのは何月だと思いますか。このような質問をすると「8月の暑い時期」「季節の変わり目では」といったさまざまな声を聞きますが、厚生労働省の人口動態統計によると、1年のうちで死亡者数が増え...

「自然に還る」…遺骨の行き先が多様化

2018年12月6日:一般社団法人 シニアライフよろず相談室

 「私が死んだら遺骨は海にまいてほしい」  海洋散骨は、全国で年間1万件ほど行われている葬送方法です。ひと昔前までは、人が亡くなり火葬された後は、墓地に埋葬されるのが当たり前でした。しかし、核家族化・少子化が進んだことで...